上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰していました。
お陰さまで、無事前撮りを終えました。

s-s-IMG_0414.jpg


ここ数日間、毎日のように泣いていました。
やはり、あちらの父は来ないこと。
招待状発送してもあちらからは一通も返信さえ無いこと。
当日のことも、うちの親や親族に説明する気もないこと。
だからといって、自分(あちらの母)がきて何が悪い?と。
でも認めていませんが・・と。

もう大混乱でした。
言ってはいけないことは分かっているけど
彼が分かってくれてたらそれでいいじゃないの、と言われるのもわかるけど・・・
実際そうなんだけど
でも
「やっぱりあたしが、ガンじゃなければ」
「生まれつきカラダが弱くなければ、小さくなければ・・」
そう思えて仕方がなかったのです。


うちの親も、さすがに・・・
この時期にも全く説明がないなんて!ということで対面してきました。

昨日の対面。(対決??)
「こちらはたいしたこと言った覚えはない」
といいつつ・・随所に「がんだから」「カラダが弱いから」「小さく生まれてきてるから」
としっかり言ってくれました。
で、「謝ればいいのかしら~?でもねぇ・・・」
とのんべんだらり。
さすがに、ダンナさんも帰り際あちらさんの親に絶縁宣言したようです。
うちの親は「娘の至らない点についてはご迷惑を・・・」とまぁ当たり障りの無いことを言っていたのですが
生まれつきなことや、カラダの話をされると・・・
「ご心配なのは十分わかりますが、そこだけをそんな言われ方で言われ続けると
この子が生きてきたことさえ否定されてますよね?
あたしが、こんなカラダに産んでしまったことが申し訳ない」と。
そりゃそうですよ。
それでもず~っと、ヘラヘラ笑ってました。
あちらさん。
式についても口出しをし、「何を着て行ったらいいのかしら?でもおめでたくないし」といい。
援助を受けず自分たちでできる式を・・・と頑張っているのに
「あれもつけろ、これもつけろ!●●はビンボーくさくみえちゃう」だの。

結局、父欠席。(この場にも来ず)
母、数人の親戚→体裁があるので来る(祝福してくるわけではないと、強調。でも来るらしい)
当日の説明→うちらにさせる
         その日にしゃべることもないだろう
だから、対面式もいらない。

だそうです・・・。

でも、「嫁なんだから・・・」と言い出してみたり
明らかに将来を押し付けようとしたり・・・。
→きちんと断ってきてくれました。

「どうせ死ぬんでしょ?」
「ガンの人は何にしたって同じ」
「そんな小さい人は●●家にはいれられない」
その他もろもろ・・・
言ったことは
たいしたことなくて、おぼえてもないらしいです。
(昨日も言ってたくせに)


おかげで、アタシたちのキモチもしっかりしています。
うちの両親も、現実に驚き納得してくれました。

なので、アタシたちを祝福してくれる皆さんと楽しい時間を過ごせたらいいなぁと思っています。
それ以外は、タダの飾りだ~☆


この結論に賛否両論あるでしょうが、
一生がんの恐怖と付き合っていく以上
あたしには笑ってすませられることでも、たいしたことでもありません。
産んでくれた母を否定するような発言をされたことも。

なので、アタシたちとしては今後付き合わないことに決めています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。