上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日から発熱して寝込んでます。
昨日、熱下がらなくてQ大に駆け込む始末。


仕事復帰してまだ二回しか勤務してないのに、高熱でダウン。

思った以上に、体調が…免疫力が…戻っていないようです。

現実的に、白血球はまだ2000台。
体重も20kg台。
手足症候群は残ってるし、甲状腺の数値も、不安定。

だけど、手術から10カ月
抗がん剤治療終えて、2カ月
キモチ的には元気になった気がしてた。

だから、週1・数時間なら復帰できると思ったのに。

甘かったのかな?

結果、今日の仕事はキャンセルし
完全予約制のあたしの仕事は迷惑をかけてしまいました。
復帰を待っていてくれた子たちに、復帰宣言しといて、体調不良でキャンセルなんて最悪です。

上司と今後について、話しました。
今月の予約はすべてキャンセルし、休職延長です。

先の見通しができない。

調子いいときは、仕事こなせると思う反面、担当制の医療現場で不安定な体調のあたしが戻っちゃいけない気がして。

完全に自信喪失です。

安静にしなきゃいけないほどじゃないところが、後ろめたいのかな?

違う職種なら、復帰できたんだろうな。
医師からみても、あたしの職種は負担が大きいって感じだし。


みんないつ復帰してるんだろ?

踏ん張れないあたしがヘタれなのかなぁ。
あちらさんのお父さん(義父ってやつ)
結婚式、欠席だそーです。

「認めてもないから、祝うこともない。なんで行かなきゃならんのか?」
と言い放ちました。

正月に暴言をはかれ、結婚反対をされ
平行線のまま。

もう入籍してるアタシたちなので、別にいまさら認めてくれなくてもいいんですが・・・
(と自分の身を守るため割り切ることにしました。)

だって、理由が
『あたしががんなこと。病弱なこと。ちびっこなこと』
なら、変えようも変わり様もない。

それに対しての数々の暴言を言った人に、どうしてあたしが頭を下げてまで来てもらわなきゃいけないのか?

「式なんかしなきゃいい」
そんなこと決められたくありません。
援助してもらってるわけでもなく、まだ学生のダンナっちが生計を立ててるわけでもないのに
それさえ心配しない親に、言われたくない。

ダンナっちもさすがに我慢できず、怒って帰ってきました。
「今後、もうあっちと付き合っていくつもりはない」と。
「こっちの親族・両親みんな式に来ないでっていってもいいよ。そしてもう縁を切るつもりだ」と。


「認めてるわけでも、嬉しくもないけど。。。体裁があるから」
と、出席するらしいあちらさんの母。
それもはっきり言ってきてほしくない。

病気ってそこまで悪ですか?
また落ち込み、散々泣きました。


・式をやめるのか   (そもそもなんでやめなきゃいけないのか?)
・頭下げてきてもらって形を作るのか?(顔も見たくない)
・あたしの親族と友だちだけでの式にするか?(そしたら、今まで決めたドレスも、ブーケも、準備物もなし。本当にしたいことできない。。)


何が正しいのか、まったくわかりません。


でも
昨日たくさんダンナっちと話した結果。

ダンナっち 「がぁこのんが楽しかった!ハッピーって思えることなら何でもいいよ。希望はそれだけ。」

あたし「病気を理由に、夢を壊されたくない。うちの親に花嫁姿を見せてあげられないのは嫌だ!(一人っ子なのです)みんなに、病気乗り越えて、こんなに元気になってシアワセだよってのを見せたい!!」

だったら予定通りの式をしよう!!

あちらの親族に出てきて欲しいわけじゃないけど、今の式場でうちの親族全員や職場の人やら友人に来てもらうには、ある程度の形が必要で。
あちらも形式でしか来るつもりがないなら、こっちも形式として出席してもらうことにしました。
一切関わるつもりはないし。

とりあえず、式場の人には
新郎の父、急病のため欠席とみんなに説明してもらえばいいかな・・と。

うちの母親だけには事情説明しておきます。
父には言えない・・・。
理由が理由だけに、怒鳴りこむに決まってるもん。


うん。
自分の姿をいま見てくれる人に、見て欲しい人にだけ見てもらおう。


正解なんてわかりません。
だけど、病気を理由に制限されるのはムチャクチャ悔しいから。
2010.08.03 仕事はじめ
約10ヶ月ぶり・・・
職場復帰しました。

まぁ、週1・1時間程度ですから復帰という程でもないかもしれませんが。
それでも、色々気を張るし、疲れるもんだなぁと
帰ってきて思いました。

よく、あんなとこでフル勤務してたなぁ。笑

続々と、体調不良やら欝やらで求職する人。
やめちゃう人。
・・・が続出する職場。

あたしは、コドモたちがかわいいから残ってるだけです。
なので、コドモと接する時間だけいることにします。
スタッフ室にも戻らず、個室(一人ずつ部屋があるんです。)で仕事をこなして
さっさと帰る!!
巻き込まれないようにがんばるぞ~。


昨日は久々のちびっこ。
もう8年来のお付き合い。
久々の感じもなく、すぐ仲良く遊べてホッ。
1時間こなして、すぐ帰ってきました。

こんな感じで、
やることやってさっさと帰る
その技を身につけましょう。

今日はずっとゴロゴロだな。

さぁ・・・週に何回行けることやら。
2010.07.29 きょう。
8年前の今日。

大事な人が、膵臓がんでお空にいきました。
33歳で。
突然のことに啞然としました。
RAZZ MA TAZZ というアタシにとって最高の音楽、支えをくれていたバンドのギタリスト
三木拓次さん。。。(たーぼう)
そして、天才メロディーメーカー。
そして、お茶目で身近な関西人のお兄ちゃん。
そして、いつも陽が似合う最高の雨男。
あたしの16歳~ずっとこの人が作ってくれた音とともに生活してきました。

その、前日・・・
うちの大好きなおばあちゃんも突然倒れ、肝臓がんで病院に運ばれた日の夜中
お空に行きました。
まだ60代。
病気なんかしたことのないばーちゃんが、気づいたら末期がんでした。


続けて2人。

あまりのあっけない出来事に、正直よくわからなかったあのとき。
ただただ、空が青くて、暑くて。
あぁ、あっちにいるんだなぁ。
そうぼんやり思いました。

さみしいんだけど、会えないんだけど
でもどこかにいるような気がして、ホントはそんなに寂しくないような気がして。
そんなこんなで8年。

気づいたら、あたしも今年33歳。
何の縁なのか・・・
がんになりました。
慢性膵炎にもなっています。
だけど、生きています。

がんがわかったとき、貴方のことを考えました。
すごくすごく。
初めてキモチがわかった気がしました。
たーぼうと同じ年の頃にがんと生きているあたし。
きっと同じように、色んなコトを考えてたんでしょうね。

だけど、亡くなる寸前に会ったときも
あたしには『瘦せたなぁ。飲み過ぎやん!!』と暴言を吐いてしまうくらいの元気さに見えたんです。
今ならわかる。
たぶん、抗がん剤治療もままらならいほど進行していたんだと。
立ってるのもやっとだったんじゃないのかな?
でも、曲を作ってた。

すごいよ。すごい。
ずっと前を向いて、音にのせて明るいパワーを送ってくれていた。
どこから来てたの、その力?
やっぱり、天才って呼ばれ続けただけはあるね。

今も、貴方の音は毎日アタシを包んでくれています。
闘病中に作ったであろうあなたの曲は、闘病中のあたしを支えてくれました。
手術のときは、あなたの曲とがんばりました。

去年の貴方へのお手紙とは、全く違う思いになりました。
あたしも負けないよ。
おばーちゃんにも、おじーちゃんにも、おねーちゃんにも
たーぼうにも・・・会いたいけど。
ごめん!まだ行けないや。
あたしにはココで一緒に生きていく人がいるんだ。

2010.07.23 あつ~い!!
ご無沙汰です。

暑いですね。
今日は、大暑 だそうですよ。

出来るだけリハビリを兼ねて、動くようにしているのですが
この暑さでなかなか・・・。

ゼローダをやめてから、おトイレの調子もいいし
心療内科でもらった、抗不安薬が効いているのか
外でも少し余裕を持てるようになった気がしています。

でも、先週の血液検査で
甲状腺ホルモン激減!!
いよいよ、チラージンを服用することになりました。
今までのあたしでいくと、大抵薬が効きすぎる。笑
っちゅーことで、半錠を朝だけ飲んでいます。
だもんだから、どのくらい効き目があるのかもわかりませんが。
治療対象になってしまったことで、またまた受診する科が増えました。
あ~ぁ。

実は、8月から職場復帰します。
ゼローダやめたら、病休の理由がなくなるもんで。
(そもそも、フツーの人はゼローダで休職って方がめずらしい)
膵炎の状態も落ち着いてるし。
と、具体的に復帰日を決めたとたん
甲状腺が大暴れ。
あちゃーって感じ。
しかも猛暑で、体力の戻っていないあたしには正直しんどい。

今日、試しに自転車10分ほど漕いできましたが
ふらふら。
ヅラだと、熱もこもって頭がくらくらします。
はやまったなぁ。。。

ただ、生活するためには
医療費のかさむ身ですから、ちょっとは働かねばなりませんもん。
まず8月は、週1の2時間くらいをやってみます。
それで様子を見てみることにしました。
仕事中より、通勤がしんどいわ。
家から駅まで 自転車15分。
駅から職場まで 徒歩20分強。
暑さ耐えれるの~??


あ・・・
もう一個のブログもがんばってますっw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。